歌舞伎町の貸店舗物件・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所、不動産のことなら経企画へ。

ブログ一覧

民泊新法施行後、京都で初廃業が報告

廃業

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行から半年が過ぎ、民泊の届け出受理が300件を超えた京都市で、初めて廃業が出ていたことが31日までに分かった。

京都府内でも初。

※引用元:yahooニュースより



民泊新法施行からまだ半年程度ですが、初の廃業が出たようです。


>運営していた男性(44)が京都新聞の取材に応じ、「稼働率は8割ほどあったが、民泊は営業日数上限が年間180日のため、ビジネスとして継続が難しかった」と打ち明けた。

8割以上の稼働があってもビジネスとしては難しい。営業日数上限が影響していることは理由のひとつになりますね。


>8月末まで2カ月半営業したが、9月に廃業届を提出した。
>民家の家賃などを差し引いて利益は出たものの、「家族を養う生活費には足りなかった」と説明する。

利益は出たが、家族を養うまでには届かない。厳しい現実といえそうです。



インバウンドを当てにしたビジネスはすでに陰りが見えています。

それでも民泊に参入する企業があるのですから、利益が期待できる事業であることは間違いないのでしょう。

個人では厳しいが、企業での経営なら成り立つ。

施行後はこういう図式に変化していくのかもしれません。

更新日時 : 2019年01月01日 | この記事へのリンク : 

<<麺屋武蔵と日本薬科大がコラボ!「インフルエンザ対策ら〜麺」を開発     |  ブログ トップへ  |  ストリートファイターを採用したeスポーツ6都市リーグが開幕予定>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年03月        >>
          12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31           
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)