歌舞伎町の賃貸店舗・貸店舗・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の賃貸、貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所の不動産仲介や管理のことなら経企画へ。

ブログ一覧

SUUMO(スーモ)が『2016年度 部屋探しの実態調査 (首都圏版)』を発表

住まい


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長 淺野 健)は、賃貸物件を契約した人を対象に調査を実施してきましたが、このたび2016年度の賃貸契約者調査の結果(2017年5月実施)をまとめましたので一部を抜粋してご報告申し上げます。


※引用元:CNET JAPANより




不動産ポータルサイトのスーモさんが、2016年度の賃貸契約者に関する調査結果を発表しました。


調査の対象期間は2016年4月1日〜2017年3月31日に入居した方で、682件の回答があったようです。


中でも興味深い回答を下記に抜粋してみました。





・部屋探し開始から契約するまでの期間は、平均18.7日。過去3年で最短。 8割以上の人が「1日〜30日(1ヶ月)未満」で契約をしている。

意外と短期間で決めていることがわかります。


もちろん気にいった物件があればこそですが、インターネット検索等で絞込をしているからということも理由のひとつではないかと思います。


ここ数年で内見に来る方はピンポイントで物件を指定してきますし、周辺環境もGoogleマップなどでよく調べてきていますね。





・「駅からの距離」 より「間取り」「設備」「内装」を優先する。「耐震性」「外装」「遮音性」「断熱・省エネ性」は優先度が低い。


事務所関連ですと耐震性はよく聞かれますが、住居ではほぼ質問がありません。


やはり間取り重視が一番なのではないでしょうか。

この調査結果には納得です。





・次に引っ越すときに欲しい設備は「エアコン付き」「都市ガス」「TVモニター付インターフォン」が上位。昨年より「Wi-Fi」「浴室乾燥機」「宅配BOX」などの必要度が高まった。(9P)


今どきのアパート・マンションではエアコン付き、都市ガス使用が主流ですので、入居者が用意するケースは少ないと思いますが、TVモニター付インターフォンはあると本当に便利です。


特に一人暮らしの女性には、ぜひあって欲しい設備といえます。


また、宅配BOXは増やしてほしい設備ですね。






その他調査結果の詳細は下記公式サイトをご覧ください。

『2016年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査(首都圏版)』発表





基本的なお部屋の探し方は今後も大きく変わることはないと思います。


ただ、VR内見はシェアを伸ばしていきそうな気がしますが。



また、設備は数年でその需要度が変わりますので、むしろ気を付けたいポイントは設備にあると考えます。


鍵に関してもアナログ的なものからデジタル的なものへ変化していきそうに感じますね。




更新日時 : 2017年09月15日 | この記事へのリンク : 

<<コーエーテクモがVR筐体「VR SENSE(センス)」のロケテストを新宿で開催中     |  ブログ トップへ  |  新宿歌舞伎町「カプコンバー」でPSVR「バイオハザード7」がVR体験可能に>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2022年06月        >>
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930   
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)