歌舞伎町の賃貸店舗・貸店舗・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の賃貸、貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所の不動産仲介や管理のことなら経企画へ。

ブログ一覧

首都圏新築マンションの駐車場設置率が過去最低に

駐車場


不動産経済研究所は9月11日、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)における「新築分譲マンションの駐車場設置率の動向(2017年上半期)」を発表した。

それによると、2017年上半期の首都圏マンションの駐車場設置率は42.2%にまで落ち込んでいることが分かった。


※引用元:マイナビニュースより




新築分譲マンション限定のデータではありますが、この落ち込み様は驚きです。



>2007年には、発売戸数6万1,021戸に対して駐車場は4万7,179台分と、設置率は77.3%にまで達した。しかしながら、2008年に72.1%(発売4万3,733戸、駐車場3万1,527台分)と下落に転じると、2007年をピークに一貫して下落し続け、低下傾向に歯止めがかからない状況が続いているという。


10年前には77.3%あった設置率が今では42.2%ですから、この10年で大きく変化がありました。


2017年のデータでは、東京都区部(東京23区)で設置率29.5%、都下で46.5%と50%を切っています。


理由としては都区部では車を必要としないライフスタイルに変わってきていること。


また、車を手放してその分ローン返済に回す人や、カーシェアリングに変えた人などが増えたからのようです。




たしかに東京都心部の駅近や利便性の高い立地にあるマンションなら、車は必要ないかもしれません。


これは車が売れない、バイクが売れないという実情にも影響を与えていますね。




先日、東京都心部に引越し予定の友人が嘆いていました。


気に入った物件はあるのに駐車場がないと。


車を手放す予定のない友人は、結局予定よりも少し遠いエリアへ引っ越すことになりました。




今後、資産価値のある分譲マンションの付属設備として「駐車場」がポイントになってくるかもしれません。




更新日時 : 2017年09月13日 | この記事へのリンク : 

<<東京ミッドタウン日比谷が2018年3月にグランドオープン予定     |  ブログ トップへ  |  コーエーテクモがVR筐体「VR SENSE(センス)」のロケテストを新宿で開催中>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2022年06月        >>
      1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930   
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)