歌舞伎町の賃貸店舗・貸店舗・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の賃貸、貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所の不動産仲介や管理のことなら経企画へ。

ブログ一覧

賃貸物件のVR内見メリットとは

不動産




2016年はVR(ヴァーチャルリアリティ)元年ともいわれ、ゲーム機や専用ゲームセンターが登場したりしました。


身近なところでもVRを使ったサービスが実用し始め、決して珍しいものではなくなってきましたが、不動産業界におけるVRサービスというと、モデルルームの内見やリフォーム後の様子体験など、売買に偏った傾向が見受けられます。


しかし、昨年賃貸不動産向けのサービスを提供する会社が現れました。

リズム株式会社




賃貸物件のVR内見はどのようなメリットがあるのか、SUUMOジャーナルの記事より抜粋してみました。





>現地でしか分からないことがあると考えているので、現場での内見が基本


>お部屋を見学する時間も限られているなか、事前に部屋のVR見学ができれば、足を運んだのに“思っていたのと違う”というミスマッチを減らせますし、複数の候補がある場合では、あるお部屋を実際に見学しながら、別の部屋をVRで見て比較検討できるようになる


>部屋に入居者が住んでいても内覧ができる点もメリット


>VRで分かることはVRにまかせておき、手触りや雰囲気など、現場でしか分からないことは現場で見て、感じてもらいたい



※引用元:SUUMOジャーナルより





納得のいく回答ですね。


現地でしかわからないこととして、壁や床などの素材感/質感、最寄駅から部屋までの道のり、周辺環境などがあがっていました。




>物件でVR見学のサービスを展開するとしたら、かなりの手間がかかりそうだが……。
「360度カメラで10カットほどの撮影で終わるので撮影時間は5分、10分。それほど手間はかからないんです」


これは知りませんでした。

VR内見可するには膨大な作業と手間がかかるというイメージを持っていましたが、そうではなさそうです。




退去予告を出した入居中の物件が内見できるのはVR技術ならではですね。

時間帯を選ばないのも良いポイントです。



今後大きく発展していきそうな賃貸物件のVR内見。

どのぐらいで一般化するのか楽しみですね。








更新日時 : 2017年01月10日 | この記事へのリンク : 

<<高齢者専門のお部屋探し「R65不動産」とは?     |  ブログ トップへ  |  現役のお笑い芸人が引っ越し屋!たかくら引越センター>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2022年08月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031     
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)