歌舞伎町の賃貸店舗・貸店舗・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の賃貸、貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所の不動産仲介や管理のことなら経企画へ。

ブログ一覧

東京都 31日は260人感染確認 インド変異ウイルス「L452R」に同居家族5人感染

感染者

東京都内では31日、新たに260人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

1日の感染確認が300人を下回るのは先月5日以来ですが、都の担当者は「リバウンドのおそれはまだなくなっていない。
緊急事態宣言の期間中であることを改めて認識してほしい」と話しています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



31日の都内の感染者は260人。

検査数は5080件(28日〜30日迄の3日間平均)で、陽性判定率は5.11%。

週明けの月曜日とはいえ、260人という数値は悪くありません。

ただ、30日の日曜検査数が1571件と少なかったため、その分陽性者も少なかったと考えるのが妥当かもしれません。



>31日までの7日間平均は547.1人で、前の週の85.7%です。

依然として500人台ではありますが、増加はしていないのでこのまま減少が続いてほしいですね。



>31日時点で入院している人は30日より34人減って2044人で、「現在確保している病床に占める割合」は、36.5%です。
都の基準で集計した31日時点の重症の患者は30日より2人減って75人で、重症患者用の病床の20.1%を使用しています。

参考リンク先のグラフを見ていただければ一目瞭然ですが、決して落ち着いた数値ではありません。

ピーク時に比べればマシというだけで、医療現場が逼迫していることにはなんら変わりない状態です。



>東京都によりますと、感染力の強い「N501Y」の変異があるウイルスに新たに203人が感染していることが確認されました。
変異ウイルスの検査数に対する陽性率はおよそ87%でした。

あくまでも「変異ウイルスの検査数に対する陽性率」ではありますが、ここまで広まっていると脅威でしかありません。



>東京都は、国立感染症研究所による解析で、新たに7人がインドで見つかった「L452R」の変異があるウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
このうち、5人は同居する家族で、海外から帰国した1人から家庭内に感染が広がったとみられるということです。

どんなに感染対策をしていても、こうやって外から持ってこられてはひとたまりもありません。

家庭内感染が増加し、最も多い感染理由となっているのはこういった事例がほとんどです。




更新日時 : 2021年06月01日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2021年06月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930     
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)