歌舞伎町の賃貸店舗・貸店舗・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の賃貸、貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所の不動産仲介や管理のことなら経企画へ。

ブログ一覧

東京都 19日は388人感染確認 4日ぶりに前週同曜日より減少

感染者

東京都内では、19日、新たに388人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、前の週の同じ曜日より79人減りました。

都の担当者は「現状として感染者数は下げ止まっている状態で、緊急事態宣言は解除されるが、気を緩めずに引き続き人との接触を避ける行動をとってほしい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより


19日の都内の感染者は388人。

検査数は6400件(16日〜18日迄の3日間平均)で、陽性判定率は6.06%。



>18日までは3日連続で前の週の同じ曜日を上回っていましたが、きょうは1週間前の土曜日より79人減りました。
また、19日までの7日間平均は377.7人で、前の週の96.6%となりました。

79人少なかったものの、100%に迫るほど減少幅がなくなってきていますので、リバウンド気味の疑惑はぬぐいきれません。



>19日時点で入院している人は18日より17人減って1286人で、「現在確保している病床に占める割合」は22.9%です。
一方、都の基準で集計した19日時点の重症の患者は、18日より1人増えて43人で、重症者用の病床の11.5%を使用しています。

重症患者の数が減ってきません。

気になるのはこの点です。




更新日時 : 2021年06月20日 | この記事へのリンク : 

東京都 18日は453人感染確認 インド変異ウイルス「L452R」 最多の19人感染確認

感染者

東京都内では18日、新たに453人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、前の週の同じ曜日より18人増えました。

18日までの7日間平均は先月17日以来、前の週を上回り、都の担当者は「人出が多く確認されていてリバウンドの懸念が強い。週末、気を緩めることなく過ごしてほしい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



18日の都内の感染者は453人。

検査数は7489件(15日〜17日迄の3日間平均)で、陽性判定率は6.04%。



>1週間前の金曜日より18人増え、3日連続で前の週の同じ曜日を上回りました。
また、18日までの7日間平均は389.0人で、前の週の100.7%となりました。
7日間平均が前の週を上回ったのは先月17日以来です。

ある程度減少が続けば下げ幅が小さくなるのは理解できますが、平均パーセンテージが100%を超えてしまうと、本気でリバウンドというものを考えなくてはならないと思います。



>18日時点で入院している人は17日より30人減って1303人で「現在確保している病床に占める割合」は23.3%です。
一方、都の基準で集計した18日時点の重症の患者は17日より2人増えて42人で重症者用の病床の11.3%を使用しています。

重症患者は2人増加してしまいましたが、入院患者は少しづつではありますが減少し続けています。



>東京都は、新たに19人が、インドで確認された「L452R」の変異があるウイルスに感染していることを確認したと18日発表しました。
1日の発表人数としてはこれまでで最も多く、これでこの変異ウイルスの感染が確認された人は都内で合わせて96人になりました。

リバウンド気味の感染者数増加との因果関係は今のところ不明ですが、それでも変異ウイルスの増加が目立ってきているのは確かです。







更新日時 : 2021年06月19日 | この記事へのリンク : 

東京都 17日は452人感染確認 7日間平均が前週の98.6%と下げ止まる

感染者

東京都内では、17日新たに452人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、前の週の同じ曜日より13人増えました。

7日間平均は前の週の98.6%となり、都の担当者は「下げ止まっている状況だ。リバウンドのリスクが十分にあるので気を緩めずに感染防止対策の徹底を続けてほしい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



17日の都内の感染者は452人。

検査数は8440件(14日〜16日迄の3日間平均)で、陽性判定率は5.35%。



>1週間前の木曜日より13人増え、16日に続いて前の週の同じ曜日を上回りました。
17日までの7日間平均は386.4人で、前の週の98.6%です。

この5日間で約9%の平均値が増加しています。

単純にリバウンドとは判断はできませんが、減少幅が鈍化しているのは確かです。




>17日時点で入院している人は16日より13人減って1333人で「現在確保している病床に占める割合」は23.8%です。
一方、都の基準で集計した17日時点の重症の患者は16日より5人減って40人で、重症者用の病床の10.7%を使用しています。

数日ぶりに重症患者の数が減少しました。

それでも減少スピードは落ちてるので、宣言解除後にそのようになっていくのか不安が残ります。



更新日時 : 2021年06月18日 | この記事へのリンク : 

東京都 16日は501人が感染確認 61人増と前週の同曜日を上回るのは6月12日以来

感染者

東京都内では、16日新たに501人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、前の週の同じ曜日より61人増えました。

7日間平均は前の週の95.8%となって、減少の幅がさらに小さくなっていて、都の担当者は「いつ下げ止まってもおかしくない。とにかく人との接触機会を減らしてほしい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



16日の都内の感染者は501人。

検査数は6355件(13日〜15日迄の3日間平均)で、陽性判定率は7.88%。



>1週間前の水曜日より61人増えました。
前の週の同じ曜日を上回るのは6月12日以来です。
16日までの7日間平均は384.6人で、前の週の95.8%です。

減少幅が少なくなってきたのは確かですが、この増加も稀なケースであってほしいです。

仮に500人という数値を考えなかったとしても、再宣言後の期間を考慮すれば、本来は300人を下回っていないといけない時期なのですが…。



>16日時点で入院している人は15日より31人減って1346人で「現在確保している病床に占める割合」は24.1%です。
一方、都の基準で集計した16日時点の重症の患者は15日と変わらずに45人で、重症患者用の病床の12.1%を使用しています。

こちらも下げ止まりの感があります。

重症患者数が減らなくなってきました。



>都は、感染が確認された50代と、70代から90代の、男女合わせて12人が死亡したことを明らかにしました。

死亡者が増えてきました。

高齢者がほとんどとはいえ、変異ウイルス感染後の経過次第では若い世代にも死亡例が出始めるかもしれません。








更新日時 : 2021年06月17日 | この記事へのリンク : 

東京都 15日は337人感染確認 院内感染を含む12名が死亡

感染者

東京都内では15日、新たに337人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

3日連続で前の週の同じ曜日を下回りましたが、減少ペースの鈍化が見られ、都の担当者は「再拡大の懸念があるので、引き続き、外出の自粛やテレワークの徹底をお願いしたい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



15日の都内の感染者は337人。

検査数は5356件(12日〜14日迄の3日間平均)で、陽性判定率は6.29%。



>1週間前の火曜日より32人少なくなり、3日間連続で前の週の同じ曜日を下回りました。
15日までの7日間平均は375.9人で、前の週の92.1%です。
ただ、この数値は5月中旬以降、70%台から80%台を維持していましたが、13日からは90%台が続き、減少幅が小さくなっていて、減少ペースの鈍化がみられます。

先週までは400人を上回っていたことを考えると、少しづつではありますが平均値が下がっているのは確かです。

ただ、説明にもあるように、前週との比較パーセンテージが徐々に上がってきているので、減少幅が少なくなってきています。



>15日時点で入院している人は、14より59人減って1377人で「現在確保している病床に占める割合」は24.6%です。
一方、都の基準で集計した15日時点の重症の患者は、14日より1人減って45人で、重症患者用の病床の12%を使用しています。

病床に占める割合は一時期に比べればだいぶ減少しました。

今のところ増加しそうな様子はないので、このまま減少していってほしいものです。



>都は、感染が確認された60代から90代の男女合わせて12人が死亡したことを明らかにしました。
このうち、80代の女性2人と80代の男性1人の合わせて3人は、クラスターが発生した病院に、別の病気で入院していた時に感染したということです。

別の病気で入院していたのに、クラスター発生によりコロナに感染して死亡にまで至ってしまうというのは本当に気の毒です。

すでにワクチン接種が始まっていますので、その効果に期待したいところです。













更新日時 : 2021年06月16日 | この記事へのリンク : 

東京都 14日は209人感染確認 先週半ばから減少幅が縮小気配

東京

東京都内では、14日新たに209人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、13日に続いて前の週の同じ曜日を下回りました。

ただ、都の担当者は「先週の半ばくらいから減少の幅が小さくなっていて、まだリバウンドの危険性がある。引き続き対策の徹底をお願いしたい」と呼びかけました。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより


14日の都内の感染者は209人。

検査数は4376件(11日〜13日迄の3日間平均)で、陽性判定率は4.77%。



>1週間前の月曜日より26人少なくなり、13日に続いて前の週の同じ曜日を下回りました。
また、14日までの7日間平均は、前の週の90.0%に当たる380.4人でした。

検査数が少ない土日を挟んでの数値ですので、209人が少ないという印象はありません。



>14日時点で入院している人は13日より47人減って1436人で「現在確保している病床に占める割合」は25.7%です。
一方、都の基準で集計した14日時点の重症の患者は13日より1人減って46人で、重症患者用の病床の12.3%を使用しています。

現在確保している病床に占める割合に関しては順調に減少しています。

早々一気に減るということはないと考えますが、重症患者の減少スピードが落ちてきているのが気がかりです。



今週末の20日が再宣言の期限となりますが、宣言は解除されても自治体独自の蔓延防止策で、現在とほぼ変わらない状況がまだ続くと予想されます。




更新日時 : 2021年06月15日 | この記事へのリンク : 

東京都 13日は304人感染確認 友人との旅行で2人感染も

東京都

東京都内では13日、新たに304人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、1週間前の日曜日(6日)より47人少なくなりました。

感染者の中で一緒に旅行をして2人が感染した事例があったことから、都は、不要不急の外出の自粛徹底を改めて呼びかけました。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



13日の都内の感染者は304人。

検査数は6649件(9日〜11日迄の3日間平均)で、陽性判定率は4.57%。

土日の検査数が上がってきていない状況での発表ですので、本来であればもっと判定率は上昇しているはずです。




>12日は先月13日以来、30日ぶりに前の週の同じ曜日を上回りましたが、13日は、1週間前の日曜日(6日)より47人少なくなりました。
また、13日までの7日間平均は前の週の90.1%に当たる384.1人で、4日連続で400人を下回りました。

常に右肩下がりというわけにはいかないので、12日のような増加する日も今後はありそうです。




>13日時点で入院している人は12日より1人減って1483人で、「現在確保している病床に占める割合」は26.5%です。
一方、都の基準で集計した13日時点の重症の患者は、12日より1人増えて47人でした。重症患者用の病床の使用率は12.6%となっています。

少し停滞している感もありますが、これもしばらく続いた右肩下がりの一時的なものかもしれません。



>感染が確認された中に、友人どうしで旅行中に2人が感染した事例があったことから、都の担当者は「緊急事態宣言中なので、旅行は自粛してほしい。自粛疲れがあるとは思うが、油断せずに、本当に必要な外出なのかを見極めてほしい」と話していました。

ごく一部の事例なのかもしれませんが、原因のひとつとして気を付けなければならないでしょう。





更新日時 : 2021年06月14日 | この記事へのリンク : 

東京都 12日は467人感染確認 29日連続で続いた前週の同曜日減少が増加に転じる

東京

東京都内では12日、新たに467人の感染が確認され、11日まで29日連続で前の週の同じ曜日を下回っていましたが、12日は上回りました。

都の担当者は、「4週連続で人流が増えたことが影響していると考えられる。感染力の強い変異株で広がり始めると、一気に広がる可能性があるのであす日曜日も外出自粛をお願いしたい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



12日の都内の感染者は467人。

検査数は6649件(9日〜11日迄の3日間平均)で、陽性判定率は7.02%。



>都内では11日までの29日連続で、前の週の同じ曜日を下回っていましたが、12日は31人多くなりました。
一方、12日までの7日間平均は前の週の88.8%にあたる390.9人で、3日連続で400人を下回りました。

29日連続で前週の同曜日を下回っていいましたが、12日は31人増と記録が止まりました。

減少し続けてはいますが、そろそろ停滞期に入ったのかもしれません。



>12日時点で入院している人は11日より38人減って1484人で、「現在確保している病床に占める割合」は26.5%です。
一方、都の基準で集計した12日時点の重症の患者は11日より5人減って46人で、重症患者用の病床の使用率は12.3%となっています。

入院患者数は順調に減少しています。

しかし、平均感染者数が思うように減ってこないところをみると、まだ多くの時間がかかる可能性が考えられます。



>都は、感染が確認された40代と、60代から80代の男女合わせて8人が死亡したことを明らかにしました。

今週は40代や50代の死亡が確認されるなど、依然として警戒は強めていかなければなりません。



更新日時 : 2021年06月13日 | この記事へのリンク : 

東京都 11日は435人感染確認 重症患者、10日より4人減って51人に

感染者

東京都内では11日、新たに435人の感染が確認され、11日までの7日間の平均は386.4人となりました。

7日間平均が400人を下回るのは2日連続ですが、都の担当者は「先週に比べれば減少幅は小さくなっている。特に週末は不要不急の外出自粛をお願いしたい」と呼びかけています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



11日の都内の感染者は435人。

検査数は7609件(8日〜10日迄の3日間平均)で、陽性判定率は5.71%。



>1週間前の金曜日より37人少なくなり、前の週の同じ曜日を下回るのは29日連続です。
また、11日までの7日間平均は、前の週の84.9%に当たる386.4人となりました。
400人を下回るのは2日連続です。

まだ日ごとの発表では400人を超える日が何度もありますが、全体的な平均値としては400人を下回っているのはよい傾向です。



>11日時点で入院している人は10日より41人減って1522人で、「現在確保している病床に占める割合」は27.2%です。
一方、都の基準で集計した11日時点の重症の患者は10日より4人減って51人で、重症患者用の病床の13.7%を使用しています。

順調に減少してきています。

重症患者は一時期70人ほどがいましたから、このまま減ってほしいところです。







更新日時 : 2021年06月12日 | この記事へのリンク : 

東京都 10日は439人感染確認 7日間平均、今年4月6日以来、400人を下回る

感染者

東京都内では10日、新たに439人の感染が確認され、10日までの7日間の平均は391.7人となりました。

7日間平均が400人を下回るのはおよそ2か月前のことし4月6日以来です。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



10日の都内の感染者は439人。

検査数は8366件(7日〜9日迄の3日間平均)で、5.24%。



>1週間前の木曜日より69人減り、前の週の同じ曜日を下回るのは28日連続です。
また、10日までの7日間平均は前の週の82.4%にあたる391.7人となり、およそ2か月前のことし4月6日以来、400人を下回りました。

平均数が今年4月6日以来となる400人を下回りました。

しかし、400人を超える感染者数を記録する日は何度かあるため、安心できる数値とはいえません。



>10日時点で入院している人は9日より63人減って1563人で「現在確保している病床に占める割合」は27.9%です。
一方、都の基準で集計した10日時点の重症の患者は9日より2人減って55人で、重症患者用の病床の14.7%を使用しています。

病床に占める割合ですが、順調に減少しています。

このペースでいけば、1週間後にはかなり減少しているのではないでしょうか。



>都は、感染が確認された50代から80代までの男女合わせて6人が死亡したことを明らかにしました。
50代の男性は、亡くなる10日前に一度、退院していましたが、その後、自宅で死亡しているのが見つかり検査で再び陽性が確認されたということです。
都の担当者は「一度、感染した人でも再び感染したり症状が出たりすることがある。感染したことがある人も、引き続き感染防止対策をとっていただきたい」と話していました。

退院後に再び陽性反応が出て死亡。

一度かかったら免疫ができるから安心とはいかないようです。




更新日時 : 2021年06月11日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2021年06月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930     
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)