歌舞伎町の賃貸店舗・貸店舗・居抜き店舗のことなら経企画

新宿歌舞伎町の賃貸、貸店舗物件、居抜き店舗、リース店舗、貸事務所の不動産仲介や管理のことなら経企画へ。

ブログ一覧

東京から他県への移動が増加

移動

東京を含むすべての都道府県で緊急事態宣言が解除されて1週間がすぎ、都内からほかの県などに移動する人は増えたのか。

携帯電話のビッグデータで分析した結果、東京に住む人でほかの道府県に移動した人は平日よりも土曜日と日曜日に増えていることが分かり、観光などを目的とした移動が戻り始めているものとみられます。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



新宿駅前でも緊急事態宣言が解除された先週末は驚くような人出が見られました。


恐らく埼玉、神奈川、千葉などからも来ていた方がいたと思います。


逆に、東京から他県への移動に関しては、携帯電話からのビッグデータからその実情が明らかになりました。



>土日に東京から移動した人の増加率を道府県ごとにみると、高い順に静岡県で19%、茨城県で18%、千葉県と栃木県で
>17%、山梨県で16%、京都府で15%、奈良県で14%など東京近郊や観光地で増えています。

意外にも関西圏へ移動している方が結構いますね。



今後は仕事などでも移動することが増えてくると思います。

手洗いなどはこれまで同様に気をつけていきたいですね。





更新日時 : 2020年06月02日 | この記事へのリンク : 

東京都 今日から「ステップ2」へ

ステップ2

東京都は、1日から休業要請などの緩和の段階を「ステップ2」に進め、緩和の対象を広げました。

今後、感染の推移を見ながら、次のステップに進むかどうか慎重に判断することにしています。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



東京都は今日からステップ2へ緩和を進めました。



>学習塾、劇場や映画館、スポーツジム、それに、百貨店などの小売店も再開できるようになりました。

ここでも接触がポイントになるかと思いますが、それでも十分気をつければ問題なさそうに感じます。

ただ、スポーツジムでも接触を伴う格闘技系ジムはやはりリスクがありますね。



>都は、感染の推移を見ながら、カラオケ店や接待を伴わないバーなども緩和の対象に追加される「ステップ3」に進むかどう>か、慎重に判断することにしています。

2週間単位の状況をみて判断するようです。

ステップ3まで進めれば、日常回復までもう少しなのですが。






更新日時 : 2020年06月01日 | この記事へのリンク : 

東京アラートの目安が2日連続で超える

都庁

東京都内の新型コロナウイルス感染者が足元で増加し、再拡大の兆候が表れた際に出す警戒情報「東京アラート」の目安を29日と30日の2日連続で超えた。

6月1日には幅広い業種で休業要請を緩和することが決まっており、都はアラートの発出について「週明けの数字を見極めたい」と慎重姿勢だ。

経済活動の停滞を避けたいとの考えもあるとみられ、難しい判断を迫られそうだ。

※文章引用元:日本経済新聞より



ゴールデンウィーク期間もあったためか、4日連続で東京の新規感染者数が増加しています。



>発出した場合、東京湾のレインボーブリッジや都庁の本庁舎を赤くライトアップするなどし、都民に警戒を求める。アラートを>発出しても感染拡大が止まらない場合は、店舗や施設に対して再び休業を要請する。

このまま増加が止まらず、東京アラート基準を超え続けるようであれば、再度休業要請が発令される可能性があります。



>「第2波」の懸念が広がる中での本格的な経済再開となる。都幹部は「アラートを出せば再び経済が縮みかねず、このタイミン>グは混乱を招く」とする一方で「出さなければ第2波の可能性が高まる。どちらもリスクがある」と話している。

昨日は解除後の休日ということもあって、かなりの人出がありました。

どうしても解除前と比較すると増加する懸念は消えません。

なんとか現状ぐらいの水準で保ってくれればよいのですが。





更新日時 : 2020年05月31日 | この記事へのリンク : 

東京都内の運転免許更新業務が6月1日から再開へ

免許

新型コロナウイルスの影響で休止している、東京都内の運転免許の更新業務が、週明けの来月1日から再開されます。

混雑防止のため、当面は有効期間が1か月未満の人に限って更新を受け付けるということです。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



最近知ったのですが、運転免許の更新業務が休止されていたということ。

私も数か月後に更新が控えていたので、どうしたものかと思案していたところですが、業務再開はありがたいニュースです。



>新型コロナウイルスの影響で、東京都内では運転免許試験場や運転免許更新センター、それに12か所の警察署で行っている運>転免許の更新業務が先月から休止しています。

当面は誕生日を過ぎるなどして、有効期間が1か月未満となっている人に限って更新を受け付けるとのこと。



免許だけではなく、国家資格の更新業務なども滞っているのではないかと思います。

現状不便なのは致し方ないところですが、徐々に正常な業務に戻ってほしいものです。





更新日時 : 2020年05月30日 | この記事へのリンク : 

東京23区 特別定額給付金の10万円支給時期はいつ?

給付金

一人当たり現金十万円を配る「特別定額給付金」は、東京二十三区でも葛飾区や杉並区で支給が始まった。

渋谷や港などの五区も五月中に支給を開始するが、他の区は六月にずれ込むという。

「一日でも早く届けよう」と各区は策を練ったものの、受給世帯数が同規模でも支給に二週間程度のずれが出るケースも出ている。

※画像・文章引用元:東京新聞より



先週ぐらいから「特別定額給付金」の郵送申請書が届き始めた方も多いと思います。

私も届いた翌日には郵送返送しました。

今回、東京23区の給付予定一覧を見ると、想像以上にバラつきがあることがわかりましたが、実情を考えると考慮しなければならないと感じました。



>十万円給付は、国のコロナ対策で突如現れた業務のため、区役所内に担当課は存在しない。品川区は、応援の職員がローテー>ションを組み、大部屋で「三密」を警戒しながら二十四時間体制で作業にあたる。担当者は「秘策は人海戦術。必要としてい>る人に一日でも早く届けたい」と話す。

給付を決めたのは国ですが、実務をするのは各自治体。

当然、記事にあるように「その為の担当課」は元々ありません。



「まだ用紙が届かない」「振り込みが遅い」など色々な不満はあるかもしれませんが、こういった状況の中頑張っている職員さんたちがいることを忘れないでほしいものです。

ただ、ひとつだけ言わせていただきますと「給付を希望しないチェック欄」は廃止にした方がいいのではと思います。

「不要なら返送しないで用紙を破棄してください」でよかったのではと考えますが…。





更新日時 : 2020年05月29日 | この記事へのリンク : 

東京都 27日の新規感染者は11人

新規感染者

東京都は27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに11人確認されたと発表した。

26日は10人で、2日連続で10人以上となったのは5月13〜14日以来となる。

都は12日に確認した感染者数を28人から27人に訂正し、都内の感染者は累計で5180人になった。

※画像・文章引用元:日本経済新聞より




27日の東京都の新規感染者数は11人。

2日連続で10人以上となっていますが、大幅には増えておらず落ち着いた状態です。



>直近1週間で見た1日当たりの新規感染者数の平均は、27日時点で8.4人。

段階的緩和条件である「20人未満」に該当しているため、この状態が続けば月内にもステップ2へ緩和される見通しです。




ただ、気になるのこの記事。

>都によると、27日に確認された感染者11人のうち8人の感染経路が不明。複数人が接客を伴う飲食店などで勤務する従業員
>だった。

やはり接客を伴うと感染リスクが高くなるようです。






更新日時 : 2020年05月28日 | この記事へのリンク : 

東京都 26日の新規感染者は10人 月内にもステップ2へ移行か

新規感染者

東京都は26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに10人確認されたと発表した。

都内の感染者は計5170人となった。4人の死亡も確認し、死者は計292人となった。

※画像・文章引用元:日本経済新聞より




宣言解除後の発表としては10人と少ない数となりました。

もちろん、ゼロが望ましいのは確かですが、それでも低水準を保っている状態です。



>26日時点での1日当たりの新規感染者数(直近1週間の平均値)は7.6人。都はこの数値が「20人未満」であることを休業要>請の段階的緩和を進める条件の一つとしている。

このままの水準を保てれば、月内にもステップ2(映画館や学習塾・商業施設などへの要請を緩和)へ移行できるとのこと。

ステップ2になればスポーツジムも再開できますね。

ただ、カラオケ店や接待を伴わないバーはステップ3のため、飲食の提供は午前0時まで。

ステップ3は6月上旬以降に緩和される見通しとのこと。




ただ、気になるのは北九州市で新規感染者が増加していることです。

4月30日から23日連続で新規感染者ゼロでしたが、5月23日あたりから連日感染者が確認され始めました。

再開した公共施設は休館へ。

「第2波の入り口」ではないかと警戒しています。






ところで、あまり報道されていない業態に関しては一度、東京都の休止要請緩和ロードマップで確認されたほうがよいと思います。


施設別休止要請の緩和ステップ(東京都防災ホームページ)





PDFファイル形式で公開されています。

中には「えっ、なんでこれがステップ3なの?」という業態もあり、店舗関係者でなくとも一読をおすすめします。






更新日時 : 2020年05月27日 | この記事へのリンク : 

緊急事態宣言 全面解除に

安倍首相

安倍晋三首相は二十五日の記者会見で、東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏四都県と北海道で継続していた新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を全面解除すると表明した。

会見後に開いた政府対策本部会合で決定した。首相は、感染拡大に歯止めがかかったことや医療体制が改善に向かっていることなどを解除の理由に挙げた。

一方で、感染拡大防止と社会経済活動の回復を両立させるため、密閉、密集、密接の「三密」回避など新しい生活様式を今後も実践するよう呼び掛けた。

※画像・文章引用元:東京新聞より



4月7日から続いていた緊急事態宣言ですが、ついに全面解除となりました。

当然、首都圏や北海道なども含んでおり、約1ヵ月半ほど続いた宣言は無くなりました。



>首相は、再び感染が拡大した場合には、緊急事態宣言を改めて発令する可能性に言及した。一方で「外出自粛のようなやり方>は、できる限り避けたい」とも語った。

経済面での回復を狙っている解除とみることもできますが、実際ここ最近の新規感染者数の減少は解除検討に値するものでした。

問題なのは解除=安全宣言ではないことです。

あくまでも「これからも気をつけて行動してくださいね」ということですので、ワクチンや特効薬が開発されていない以上、危険は常に背中合わせです。



まもなく梅雨の季節になります。

体調も崩しやすいシーズンとなりますので、解除に惑わされることなく十分警戒をしていかないといけないですね。





 

更新日時 : 2020年05月26日 | この記事へのリンク : 

東京都 新規感染確認14人 21日以来の10人超

感染者

東京都は24日、都内で新たに14人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。また、感染が確認された9人が死亡したことを明らかにしました。

※画像・文章引用元:NHK NEWS WEBより



昨日、東京都の新規感染者数が2人まで減ったとブログでご紹介させていただきましたが、翌日の発表では14人と二ケタへ。


>東京都は、24日、都内で新たに10代から70代の男女14人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しまし>た。都内で1日に感染が確認された人が10人を超えるのは3日ぶりです。

また併せて9名の方が亡くなられたそうです。


25日に全面解除の可能性を示していましたが、この様子だと解除は時期尚早なのかもしれません。

いずれにせよ、宣言期間中である31日までは様子をみる必要がありそうですね。




更新日時 : 2020年05月25日 | この記事へのリンク : 

東京都 9日連続で感染者が20人下回る

東京都

関係者によりますと東京都内で23日、新たに2人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

※引用元:Yahoo!ニュースより



東京都内の新規感染者数が2人と非常に少ない発表となりました。


>都内の感染者は21日は11人、22日は3人でしたが、これで9日連続で20人を下回ったことになります。感染者が2人と>なったのは3月13日以来のことです。

ここまで減少しているとなると、明日25日の宣言解除へ向けた材料となることは間違いなさそうです。



更新日時 : 2020年05月24日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年06月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930       
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)